1月中旬の湾内の海状況
(画像とクリックすると拡大します)


三陸沖が大荒れで操業困難で帰港すると、
陸に近づくにつれて、凪が良くなります。
この写真の場所は、外海の重茂半島の突端の
閉伊崎を横切り、そして湾内に入る所です。
写真真ん中奥に見えるのが、宮古です。
閉伊崎(ヘイザキ)の突端の場所です。沖が大荒れなのに
湾外〜湾内は、海状況がまったく違い凪良し。平和です。
サッパで、タコ引っ掛けをしています。
タコは、かごやカギ引っ掛けそしてこのように
サッパに乗りながら、スラスター(支え機械)で少しずつ
サッパを移動しながら、引っ掛けの金具と白い物体
(大根や魚など)を沈めそして海底に付け30センチくらい
上げてまた海底に付けてと、上下に動かしながらタコを
つかまらせます。タコは、この行為している動く物に取り付く
習性がありますので、餌だと思って取り付きます。
ここの漁場は、はしがねです。
突端を過ぎて左に入ると、宮古湾内です。
サッパでタコ引きをしている漁師が多数います。
写真左に見える岩は、鳥島といいます。
海鵜やカモメが飛んで来て休んだりする場所で
多くの海鵜が止まっている事があります。
そのため、岩がフンで白くなっています。
鳥が集まる岩なので、昔から鳥島と言われています。
写真左の鳥島のすぐ横には、宮古漁協の定置網が
設置してあります。定置網にも名前がありまして、
この場所に設置している定置は、『三丁目』といいます。
宮古漁協の定置網は、7月〜1月までの期間限定で
設置されます。2月〜6月はお休みで水揚げもありません。
撤去されると、海が広くなり漁場が広がり船もオカ寄りに
走ることができます。

内に入り三丁目定置網を横切りながら
宮古に向っています。宮古から対岸の重茂半島の
閉伊崎突端は、このように見えます。
この閉伊崎の突端には、オサキ様と呼ばれる
海の神様があります。夏のおぐまん様のお祭りでの曳船では
このオサキ様の所まで着ます。黄色い浮かんでいる点滅する
標識の少し右奥にかすかに白く見えるのがオサキ様の神社です。
港内に近づいてきました。ここは、浄土ヶ浜沖です。
湾内のオカですが、浄土ヶ浜から少し離れているので
一様、沖ということになってます。(近いんですけど・・)


トップへ】  【ご注文】 【お支払い】 【送料】 【出荷・発送】 【特定商取引法の規定表示】 
E-mail

Copyright (C) 2000 Heiunmaru Seinenryousinomise All Rights Reserved.