三陸の海には、いろいろな生物が生息しています。漁をしていると、『へぇーーー、おぉーーー、なんだなんだ?』ということを、捕獲したり・見たり・感じたりします。皆さんが知らない珍しい海底生物やいろいろな物を紹介していきます。 

最新更新日 2006/6/11
ホシザメとアブラザメの刺身 写真をクリックで拡大
三陸沖には、数種類のサメが生息しています。その中でも、主にかごや刺し網で獲れるサメは『ホシザメ』(左写真)とアブラザメです。
大きさにもよりますが、おおよそ体長70cm〜2mくらいまでが主に獲れます。

昔は自船で、サメ漁をしたこともあり大きいと2mを超えるのも釣れました。かごだと大きなサメは入らないので上記の体長くらいまでです。
かご漁だと生きて獲れるので、生簀に入れて活かして帰港か、すぐ捌くかどちらかとなります。
この身は、『アブラザメ』の身です。サメは死ぬと全身にアンモニアが浸透し身が臭くなるので、できる限り生きている時に捌くか死んだら即、捌かなければいけません。が、死んでも食べられない訳ではなく、ただ新鮮さや身の食感が劣りアンモニアで臭くなります。

サメは、捌きそしてイカのように皮を引っ張ってとります。表面の皮は、ヤスリのようにゾセゾセしています。背から真ん中の所まで(身となる部分)包丁ではなく、手で引っ張って剥き取ります。
サメの部分でも美味いとされる部位があります。
腹下から尾下の部位で、この内蔵を覆っている皮までの部位が非常に脂があり凄く美味しいです。この部位を、左写真のようにして塩をかけて一晩寝かせてから天日干しにします。

『ハラス』といいます。
アブラザメの身はこのような色をしています。非常に美味です。身を味噌と酢を混ぜ、それに漬けて食べます。臭みもなく(生きている時に捌くから)淡白でそして甘みがあり、食感は弾力があります。
一晩寝かせてから、天日干しをいている『ハラス』部位です。
この白い部位から皮までの柔らかい所が凄く格別です。
焼いて食べます。非常に脂があります。最高の部位です。(尻尾を除く)
オススメの『ハラス』です。


海底物  海の分解者 『スムス』 三陸の海にもいるよ!『ズワイガニ

トップ

Copyright (C) 2000 Heiunmaru Seinenryousinomise All Rights Reserved.