海には、こんなのがいるよ!
海の分解者 『スムス
人を喰らうサメ、そして淡水にはピラニアがおります。
海の中にも、このような生物が生息しております。
生きている物を食べるということは、ありませんが死んだ物を食べるという
『スムス』がいます。
この『スムス』エビのような形をしていて、凄く小さく大きいのだと
米粒くらいあり小さいのだと、ゴマより小さく大きさにもいろいろ。
サメが、血の臭いで寄って来るのとは逆にこの『スムス』は、死んだ
体から発生させる何かを嗅ぎ分け次々と群がって分解してしまう。
どんな生物でもクジラでもなんでも、最終的にはこの『スムス』が
体中にまとわり付き喰らうのである。
それはもう凄い。数百・数千・数万のスムスがその生物を喰らい
骨と皮にしてしまう。そう、人間も数日もすれば骨と皮に
なってしまいます。

スムス1 ●スムスの拡大 ●スムスに喰われたサンマ

かご漁では、餌を使い魚介類を獲りますが、サンマを付けて海底に仕掛け
次の日に上げると、もう皮と骨だけになっていて魚が食べる餌を
スムスが分解してしまうので、魚が獲れないことがよくあって困ります
水(海流)や水温によって、その海底のスムスの数も様々で
漁師が言う『スムスがあづい(多い) 魚が獲れない・いない』ことは
この生物のせいでもあります。

うじ虫以上に湧いて、そして身だと思ってそのスムスに食べられている
魚を掴むと身でなく、数万の塊のスムスがボロボロと船上に落ちます。

ハムナプトラという古代エジプトの映画がありますが、
あの映画に黒くて小さいウジャウジャして動きが早い虫が
でてきます。人間をむさぼり喰って、皮と骨にあっという間になる
あの虫と『スムス』は同じです。動きも似ています。

海底には、このスムスが潜んでいます。
何もかにも喰いあさる『スムス』は、怖い存在でもあり
そして最終的に海のためにもなる?ある意味でそう思います。



トップへ】  【ご注文】 【お支払い】 【送料】 【出荷・発送】 【特定商取引の規定表示】 
E-mail

Copyright (C) 2000 Heiunmaru Seinenryousinomise All Rights Reserved.