宮古の青年漁師紹介

平運丸青年漁師の店と言っても、店舗をもっている訳でもなく
魚介類を並べて売っている訳でもございません。

すべて、海から獲った旬の魚介類を船から直送しています。
ご注文を頂ければ、全国のご家庭に直送いたします。

漁から帰ってきてから、私一人でサイト管理・作成・運営しております。
一日の大半は三陸沖におります。メールチェックなどは漁から帰ってからとなり、
対応が遅れますが、なるべく早くできるよういたしております。

三陸の魚介類を厳選し、品質までこだわった本物だけをお届けしており
ます。大量捕獲・流れ販売とはちょっと違うのでよろしくお願いいたします。





本州の北にある、岩手県宮古港です。
三陸海岸のほぼ中央にある宮古は、岩手県でも有名な港で、新鮮な魚介類が多数水揚げされ
ます。特に、ウニ・アワビは日本一といわれるぐらいの味を持つ魚介類が生息しています。
秋から冬は、特に市場は活気づきます。
秋から冬にかけては、秋刀魚・鮭。
冬には、毛がにやマタラ・各種魚介類が
多数水揚げされます。
トロール船(沖合い底引き)、定置網、
秋刀魚漁船、籠漁船、刺し網漁船、
マタラ漁船、延縄漁船・小舟釣りやタコ引き・
タコかけなどなど、様々な商売をしている
漁師が多数おります。
宮古湾内の須賀(スカ)です。浄土ヶ浜に行く途中にあります。画像での小舟で、漁期でのウニ・アワビ・海藻類を獲ったり、タコ引き・なまこかけ・釣りで魚介類を獲ります。
旬のアワビ・ウニでは、この小舟を使います。
他の漁でこの小舟を使って漁をするのは、
60歳以上の漁師がほとんどです。
家のすぐ近くにある、国立公園の浄土ヶ浜です。宮古といえば、浄土ヶ浜。?です。
観光などで多くの人が、訪れます。
リアス式海岸ならでわの、綺麗な風景を見る
ことができます。特に、海水がブルーで透き通っており、綺麗です。
夏には、海水浴客でにぎわいます。

宮古湾内の風景です。様々な、商売をしている漁師がおります。
左の船が、私の船です。(9.7トン)
通年、この船で父と二人で漁をしています。
出稼ぎ漁もせず、通年宮古で日帰り漁をし、魚を獲って生活している若い漁師は、今のところ私だけです。(漁船漁業をしている宮古のメインの漁師です。)
ほとんどが、60歳〜70歳代の漁師だらけです。

私が、青年漁師です。皆さん、よろしく!
漁師をしているとは、思えないと皆さんから言われます。
宮古でも、かなり珍しい後継者?です。

私で4代目。明治時代から漁船漁業だけで営んでおり、どこを探しても私の家だけです。
魚を獲る・海のことなどに関しては、最後の継承者となります。現状のままですと、漁船漁業専門最後の漁師になりそうです。
(若い人で漁師する人いませんか?一人だと寂しいです)
厳選し追求した本物の魚介類を、全国のご家庭にお届けします。
       プライベートサイト
      http://www.bassist.jp/



Copyright (C) 2000 Heiunmaru Seinenryousinomise All Rights Reserved.